自社食品工場
近年の食品関連の事故に伴い、社会からの厳しい目、食品安全の法制定など、食の安全確保は食品業界では重要課題となっています。このような背景から、食の安全や衛生面の向上を目指し、我々は自社食品工場を設置しました。

食品工場の設計・施工には、建物の構造やゾーニングなど一般衛生管理に基づきハセップを取り入れた衛生管理の導入を図る危害管理を行っております。
加工機器においては、 弊社独自の加工機械になっており、 経験に基づいたこだわりの機械と職人の技術が合わさり『違い』を生み出し、日々進化する技術改革を整えられる仕組みを作っております。

  

品質管理
食の安全・安心を確保するため、「自社製品がいつ、どこから(どこへ)、何を、どれだけ」の基本的なトレーサビリティの考えに基づき、問題のある食品がどこから来たのかを(遡及)、どこに行ったかを(追跡)調査できるシステム作りに取り組んでいます。

当社では社内に品質管理室を設け、品質が安定した安全な製品をお届けするために、製品の検査・分析、工場内の衛生管理、賞味期限のチェック、製品の規格書策定、食品表示法に準じた一括表示の作成を行い、自社製品の管理に取り組んでいます。
オキランドが提供する食品は、「安全だから安心できる」ことが大前提です。